勃起不全と関わりがあるアルギニンの作用

アルギニンという成分をご存知でしょうか。アルギニンは様々な精力剤の成分として
使用されています。

実は勃起不全はアルギニン不足が要因になってることもおおいのです。

アルギニンは天然に存在するアミノ酸のひとつで、その効果・効能には精力増進、
性機能の改善、成長ホルモンの分泌、免疫力アップ、心臓や血管の機能向上、筋肉の強化、
アンチエイジングなど実にさまざまです。


その中でも特に注目を集めているのが性機能の改善と成長ホルモンの分泌です。

アミノ酸の一種として知られるアルギニンですが、このアミノ酸とはタンパク質を構成する
成分のひとつです。

いろいろある働きの中でも有名なのが成長ホルモンの分泌を促す作用です。
成長ホルモンの分泌量が低下すると、新陳代謝が正常に行われず太りやすい体を招いてしまいます。

アルギニンを取り入れることで脳下垂体の働きを促し、成長ホルモンの分泌や精液製造、
筋肉強化、新陳代謝の促進に効果を発揮します。

このアルギニンは30歳を過ぎた辺りから急激に分泌量が低下します。
そのため放っておくと老化の原因になるとも言われています。

性機能にアルギニンが効果がある秘密は男性の精子の頭の部分は、このアルギニンから
できていて、精子の80%もアルギニンから形成されているです。

つまり、アルギニンが不足すると、精子の数や精液が減ってしまい、
男性側の不妊症を招く原因になってしまうのです。

新しい情報

ニューストピックス

当サイトのご案内

  • ご利用規約をお読みください
  • 当サイト編集者情報
  • Copyright (C) 2011 徹底サプリメント改革 All Rights Reserved.